ISMのこだわり

パッケージで請け負い

一貫して仮設足場工事をパッケージで請け負うこだわり

平成8年の開業以来、一貫して仮設足場工事をパッケージで請け負うことにこだわり続け、これを可能とする資源と技術を社内に蓄積。このような垂直統合化の推進により、圧倒的な『提案力』、『資材力』、『設計力』及び『施工力』を源泉とした付加価値をタイムリーかつスピーディーに、低コストでご提供できるようになりました。
有限会社ISMでは、技術の蓄積とアップデートに継ぎ目のない徹底的なチャレンジを継続し、絶対的な安全を確保しつつ、常に変化する市場のニーズにこれからも対応してまいります。

女性やシニアの受け入れ

ユニークで柔軟な発想力で、ジェンダーやジェネレーションの枠を超え、協働して新しい付加価値を

少子高齢化が進み、いわゆる労働力人口が過去5年間で295万人減少し、6千万人割れが目前となっていることが最大のファクターとして挙げられることに疑いの余地はありません。しかしながら、女性やシニアの就業者の割合が大幅に増えたことを、単に働き盛りの男性の数が減ってしまったから仕方ないといったネガティブな理由付けで片付けてしまうわけにはいきません。

女性らしさ、女性ならではの発想や知恵、あるいは女性の強さ、そしてシニア層が有する豊かで優れた経験や実績、ノウハウを活用することが、あらゆる業界、あらゆる企業にとって新時代のバイタリティとなることは明らかです。

このような観点から、有限会社ISMでは、ジェンダーやジェネレーションの枠を超え、協働して新しい付加価値を生み出す企業風土づくりを理想として掲げています。

「人づくり」のボーダレス化

母国の建設現場でリーダーとして活躍!世界各地で活躍する人材育成、活用に取り組んでいます。

日本が先進国としての役割を果たし、技能、技術又は知識の開発途上国への移転を促進して途上国の経済発展を担う「人づくり」に協力することを目的として政府が推進する外国人技能実習制度。有限会社ISMは制度の開始当初からこれをフルに活用し、およそ20年に渡り中国やベトナムなどからの実習生を受け入れてきました。

彼らは今日も多くの現場で真面目に一生懸命汗を流して技術の習得に努めていますし、すでに実習年限を終えた多くのISM卒業生たちもまた、それぞれの母国の建設現場でリーダーとして活躍しています。

有限会社ISMがこのような取り組みを続けるのは、上記のような日本国政府の理念に共感するからであると同時に、国境を越えた人材の育成や活用を推進することもまた、ジェンダーやジェネレーションの枠を越えた人材活用を推進することと同じベクトルで捉えているからに他なりません。
また、ISMが近い将来、その事業を海外市場にも拡大する際、ISMで経験を積んだ外国人卒業生たちが、きっとその中心メンバーとして活躍してくれるにちがいありません。